「審判回避プロジェクト」No.205検証 その3  本尊を目の前で傷つけられたら誰でも怒る

202008011345507f9.jpeg
家庭連合においては文鮮明(ムン・ソンミョン)師と韓鶴子(ハン・ハクチャ)女史女史は、いわば一対の御本尊。どこの宗教教団だって御本尊様を玄関前で大声で非難されたら、迷惑がるだろう。温厚なお寺の信徒さんだって、中にはカッとなって過激な反応してしまうことだってあるだろう。

澤田ちゃんよう、大人なんだから、オレに言われなくても解れよ。大勢の信徒が来る日曜日の礼拝の時間に合わせて拡声器を持ってきて御本尊様の1人の悪口をがなり立てる。まさしく喧嘩売りにきてるんだ。怒って過剰反応する信徒が出てくるのは予想できる。いやいや、もう一歩進んで君らはわざと引っかけに来ているんだ。文亨進氏はもっとやれ、もっとやれと煽っているようだけど、ガキの言うことに思慮分別もなく従っていたら、またお縄を頂戴することになるよ。

さて、裁判所に提出する書類に教義批判を書いたのか?負けパターンだね。教義が間違っているというなら、内容証明、配達証明付きで批判書を送ったらいいんじゃないの。あるいはシンパの信徒がいたら、教団の会員相談室に問い合わせさせる。返ってきた回答に反論を加える。やり方はいろいろあるだろう。

………………引用開始………………

 お母様は真の愛と真の血統を持っていません
原告準備書面3の10ページ下から9行目以降に、「なお、文師はこの説教を行った時点で『聖霊は神様の娘として来られました』と語っているが、ここで言う『聖霊』は、神様の娘として2000年歴史を経て誕生した韓鶴子女史以外にはあり得ず、その韓鶴子女史が『神様の娘として』来たという以上、神の血統に属する無限罪の娘として生まれたことを意味するのは当然のことである」とあります。

文鮮明師は1993年12月20日に、「そういうふうにして真の母の腹を通過して再び生まれてくるのです。これに、入ってくる時は左のほうから入ってくるのです。分かりましたか?なぜ左のほうから入るのかというと、お母様が左のほうだからです。入ってきてお母様の腹の中に入ったとしても、その入った子供とお母様の根っこは何かというと、渋柿の根っこから切って取り返してきたものです。分かりますか?それが天の家庭に入るには、手続きをしないといけないのです。何の手続きかというと、愛の手続きです。だから、真のお母様の腹の中に入っていても、それは真のお父様の真の愛と真の血統にはまだつながっていないのです。お母様は真の愛と真の血統を持っていません。向こうのほうなのです。それは、新婦の立場で、新郎を迎えて一つになるということです。分かりましたか?分かりましたか?」と語っています。

ここに「お母様の根っこは何かというと、渋柿の根っこから切って取り返してきたものです」及び「お母様は真の愛と真の血統を持っていません。向こうのほうなのです」とあり、文鮮明師は韓鶴子氏が神の血統に属する無限罪の娘として生まれたとは考えていないことが分かります。この文鮮明師の言葉を記載している本「訪韓修練会御言葉集」の外観及び奥付の写真と、当該ページP.185及びP.186の写真を乙31号証として提出します。

 韓鶴子氏は文鮮明師を裏切っている
原告準備書面3の11ページ上から3行目以降に、「更に、1992年8月24日に開催された第1回世界文化体育大典の祝賀晩餐会で文鮮明師は『私と妻の韓鶴子女史は、人類の真の父母であり、救世主・再臨主であり、メシヤであると宣布します』と述べている。従って、この内容が『嘘』だというなら、文師が嘘を述べたと言っているに等しく、結局のところサンクチュアリ教会は韓鶴子女史を否定するのみならず、文師をも否定する団体だと言えるのである」とあります。

被告らは、2015年以降に退会もしくは除籍されるまでは、世界平和統一家庭連合の会員でした。ですから、当然のことながら上記文鮮明師の言葉も知り、「文鮮明師と韓鶴子女史は、人類の真の父母であり、救世主・再臨主であり、メシヤである」と固く信じていました。そして、この文鮮明師の言葉に関しては今も信じているのであり、その内容を「嘘」だと考えているのではありません。

ところが、文鮮明師が2012年9月3日に死去して以降、韓鶴子氏は文鮮明師の教えを否定するようになり、その言動を通じて、韓鶴子氏は文鮮明師と一体の境地にないということが明らかになりました。継続的に韓鶴子氏が文鮮明師と共に、人類の真の父母であり、救世主・再臨主であり、メシヤであるためには、韓鶴子氏が文鮮明師と継続的に一体の境地にあることが必須の条件であると被告らは考えていますので、一体の境地にない現在の韓鶴子氏は「人類の真の父母であり、救世主・再臨主であり、メシヤである」とは言えないというのが被告らの見解です。
………………引用終了………………
こんなこと長々と書き連ねて、裁判官が、うんそうだ、澤田さん、もっとやれ、もっとやれと言うと思う?オレが裁判官なら、「いろいろ言いたいことはあるだろう。しかし相手方の感情を煽るのは良くない。場所を変えるとか、方法を変えるとか考えたらどうかね。ハチ公前なら松涛本部からは結構離れているし、聞いてくれる人は大勢いるだろう。交番もあって警察の目も届く。井口康雄氏も澤田地平氏もその辺りで手を打ったらどう?なんて和解案を提示するだろう。(つづく)

コメント

非公開コメント

プロフィール

shinpankaihiproject

FC2ブログへようこそ!